アンクォールを徹底解説!シンプルかつ悩みどころ満載のボードゲーム!

頭脳戦がアツイゲーム 

今回遊ぶゲームは、あの2人用ボードゲームの名作『ジャイプル』の製作スタッフが贈る、新作『アンクォール』だ。

リソースマネジメントとタイル配置が融合した、戦略性の高いゲームになっている。

今回もまたまた名作の予感が・・・!

キリン
あ、またアプリゲームやってる…。
ウシ
へへ。キリンもやろうよ!『ジャイプル』のアプリ!!
Jaipur: the board game

Jaipur: the board game

Asmodee Digitalposted withアプリーチ

キリン
ジャイプルなら家にあるのに!なぜアプリ?
ウシ
この手軽さが良くって…。あ、ところで何の用?
キリン
そうそう、ちょうどその『ジャイプル』の作者が新作を出したんだよって言おうと思って。
ウシ
なにー!?アプリで鍛えたこの腕前を披露するときが来たか…!
キリン
続編でも拡張でもないからジャイプル関係ないと思うけどね…。

ゲーム詳細

アンクォール

商品名 アンクォール
作者 Frank Crittin/Grégoire Largey/Sébastien Pauchon
発売年(原盤/日本) 2018年/2019年
プレイ人数 2人~4人
プレイ時間 30分
対象年齢 10歳以上
メーカー(原盤/日本)/th>

Space Cowboys/ホビージャパン
発祥国 フランス
箱サイズ 18cmx13cmx4cm
定価 ¥3,000(税抜)

あけてみよう!

セット内容

アンクォール コンポーネント

価格ボード / 価格マーカー 15枚 / トークン 36枚 / ボーナストークン 12枚 / タイル 55枚 / ルールブック

ルール説明

概要

  • プレイヤーは毎手番市場に並ぶタイルを購入するか、購入するために必要なトークンを得る。
  • 購入したタイルは同じ色・同じ動物が隣接するように並べると、勝利点が得られる。
  • 特殊トークン(アンクトークン)を使うことで、市場のタイルを変更したり、並べたタイルの位置を変えることができる。
  • いずれかのプレイヤーが13枚目のタイルを配置したラウンドでゲーム終了。勝利点の多いプレイヤーの勝利。

ゲームの準備

  1. 価格ボードをテーブルの中央に配置する。
  2. トークンを種類ごとに分け、各4色の6つの山(=サプライ)にしてボード付近に置く。残りは箱にしまう。
  3. 3人プレイ時
    サプライは各4色の5つの山にする。
  4. タイルを裏向きにしてよく混ぜ、2つの山に分ける。ボーナストークンを付近に配置する。
  5. 価格マーカーをよく混ぜ、ボードの穴にランダムに配置する。

アンクォール準備

重要
ボード上の1エリアに同じマーカーが3枚被らないようにする。

かぶったらいけないよ

手番の流れ

各プレイヤーはランダムに決めたスタートプレイヤーから順に、下記アクションのうちどちらかを行う。

  • トークンを入手する。
  • タイルを購入する。

また、各アクションの前・後にアンクトークンを1枚支払うごとに特殊アクションを1つを行うことができる。

特殊アクション
  • タイルを更新する。
  • タイルを移動する。

いずれかのプレイヤーが13枚目のタイルを配置したラウンド(全プレイヤーが同じ手番数をプレイした後)でゲーム終了。
得点計算を行い、より多くの勝利点を獲得したプレイヤーの勝利。

得点計算
  • 自分のタイルとボーナストークンに記されている点数
  • 2枚以上の同じ動物タイルが隣接するグループは、そのタイル1枚につき1点
  • 2枚以上の同じ色のタイルが隣接するグループは、そのタイル1枚につき1点
  • 所持している残りのトークン3枚につき1点

得点計算

同点の場合
所持するタイルの枚数が少ない方のプレイヤーが勝利。

トークンの入手

トークン3枚を選び、入手する。

トークンの入手

重要

  • 資源トークンは6枚・アンクトークンは3枚以上所持することはできない。
  • 所持数をこえてしまったトークンは、手番の終了にサプライへ戻す。

タイルの購入

価格ボードに記された必要枚数のトークンを支払ってタイルを購入し、自分の手元に配置する。

タイルの購入

重要
手元に既にタイルがある場合、新たに購入したタイルは縦・横のいずれかに隣接した箇所に置かなければならない。
タイルを重ねて配置する
  • 隣接するタイル4枚のうち2枚が同色の場合、4枚のタイルが交差している上に重ねて置くことができる。
  • このときタイルの購入時にいずれかの資源トークン1枚を支払わなくても良い

隣接するタイル4枚のうち1枚以上が同じ色の場合

ボーナストークンについて

同じ色のタイルもしくは同じ種類の動物タイルが5枚以上隣接した場合、即座に勝利点3の価値を持つボーナストークンを1枚獲得する。

ボーナストークンを1枚獲得

特殊アクションについて

アンクトークン1枚ごとに、1つの特殊アクションを行うことができる。

タイルの更新

  1. 列にある最も左にあるタイルを取り除く。
  2. 補足
    3人・4人プレイ時にはこのアクションを行わない。
    タイルを取り除く

  3. 残りのタイルがあれば左に詰める。
  4. 左に詰める

  5. 2つのタイルの山のうちどちらか1つを選ぶ。
  6. 山を選ぶ

  7. 左から順に並べて補充する。
  8. 補充

重要
タイルの配置中、選んだタイルの山が尽きたらもう1つの山から補充する。

タイルの移動

下記のうちどちらかのタイル移動を行うことができる。

  • 自分の1段目にあるタイル1枚を、1枚以上の自分のタイルに隣接する別の場所へ移動させる。
  • 自分の1段目にあるタイル4枚のうえに乗っているタイル1枚を、他のタイル4枚の交差の上へ移動させる。

タイルの移動

重要

  • 別の交差の上へ移動させる場合、1段目の色が揃っている必要はない。
  • 特殊アクションにより、ボーナスタイルの獲得できる条件を満たせなくなった場合はボーナスタイルをサプライへ戻さなくてはならない。
  • 2段目以上にあるタイルは、その下の4枚のタイルに隣接しているとみなす。

特別なタイル

特別なタイル


感想まとめ

6つの要素で分析!

遊んでみて

キリンの感想

キリン
これは文句なしに面白い地味ゲー!

宝石の煌きのようにリソースを獲得し(見た目も取り方もそっくり)それを使ってタイルを購入して配置する。

やることは非常にシンプルで、なかなかに地味なんだけど、これがものすごく面白い!

尖った部分や感覚的に新しい部分はないけれど、ゲームとして完璧にまとまっている、まじめな優等生といった印象。

さすがは『ジャイプル』の製作スタッフ、今回も名作を生みだしてくれてありがとう!

ウシの感想

ウシ
何回遊んでも「あと1ラウンドあれば…!」と悔やんでしまう・・・

自分の欲しいタイルを好きな形に並べ、コツコツと得点を稼ぐゲーム。
派手さはないけれど、個人的にはこういうの好きなんだよね〜。

2人で遊ぶと大体欲しいタイルは手に入るからストレスは少なめ。
それでも勝負後は「ん〜!次はもっといけそう!もう1戦!」となるから3人、4人で遊ぶともっと白熱するのかも!?

ボードゲームが大好きで、これまで数多く遊んできた!という人はもちろん、かなりライトなゲームばかり遊んでいたけれど、ちょっと頭脳戦を楽しみたい!
なんて人にもかなりおすすめな作品。


戦いの記録

実際に遊んでみた様子はこちらの記事を見てね!

ジャイプルの製作スタッフが贈る新作!アンクォールで戦略的タイル配置バトル!


お買い求めはこちら!

アンクォール

アンクォール

FUTARIASOBI
定価 ¥3,000(税別)