アズール(AZUL)を徹底解説!ドイツ年間ゲーム大賞2018で大賞に輝いたボードゲーム!

頭脳戦がアツイゲーム 
アルハンブラの美しい内装に心を打たれたポルトガル国王マヌエルI世は、すぐにポルトガルの自らの宮殿の壁を同様のタイルで装飾するよう命じた――
今回遊ぶゲームは、ドイツ年間ゲーム大賞2018で大賞に輝いた『AZUL アズール』だ。プレイヤーはタイル・アーティストとなり、エヴォラ宮殿の壁を美しいタイルで飾る。繊細かつ大胆な装飾で国王から称賛を受けるのは誰だ!?
ウシ
これが2018年1番話題になったボードゲーム…。確かにキレイ!!
キリン
箱から目を引くよね。
ウシ
このタイル、おはじきとしても遊べるね!
キリン
ダメ。ウシは普通に遊んでも無くすんだから…!
ウシ
(前科がありすぎて言い返せない…。)

ゲーム詳細

アズール

商品名 AZUL アズール
作者 Michael Kiesling
発売年 2017年
プレイ人数 2人~4人
プレイ時間 30分~45分
対象年齢 8歳以上
メーカー Next Move Games
発祥国 ドイツ
箱サイズ 26cmx26cmx7cm
定価 ¥5,600(税抜)

あけてみよう!

セット内容

アズール

タイル 100枚 / プレイヤーボード 4枚 / 工房展示ボード 9枚 / 得点マーカー 4個 / スタートプレイヤーマーカー / 布袋 / ルールブック

ルール説明

概要

  • プレイヤーはタイルを交互に獲得し、自分のプレイヤーボードへ配置していく。
  • ラウンド終了後、獲得したタイルの枚数に応じて得点を得る。
  • いずれかのプレイヤーが横一列にタイルを揃えたラウンドの終了時、最も得点の高いプレイヤーの勝利!

ゲームの準備

  1. 各プレイヤーはプレイヤーボードを1枚ずつ受け取り、カラフルな壁の面を表にして手元に置く。
  2. 得点マーカーをプレイヤーボードの「0」スペースに配置する。
  3. 工房展示ボードを人数に応じた枚数を円になるよう並べる。残りは箱にしまう。
  4. 人数 工房展示ボード
    2人 5枚
    3人 7枚
    4人 9枚
  5. 布袋にタイル100枚を全て入れ、ボードの脇に置いておく。

ラウンドの流れ

最近ポルトガルを訪れたプレイヤーから順に時計回りで手番を行う。

補足
2試合以降は、自分のプレイヤーボードにスタートプレイヤーマーカーが手元にあるプレイヤーから順に手番を行う。
  1. 工房展示ボードの上に布袋からタイルを4枚ずつ出し、のせる。
  2. 工房展示ボード

  3. スタートプレイヤーマーカーを円の中央に置く。
  4. 工房展示ボード

  5. タイルの獲得とボードへの配置。
  6. 得点計算。

いずれかのプレイヤーが自分の壁ラインにタイル5枚を横一列に並べた時点でゲームを終了する。

プレイヤーボード

補足
布袋のタイルが空になった場合、箱の蓋に入っているタイルを補充する。

手番の流れ

工房展示ボード及び円の中心にタイルが全て無くなるまでラウンドを続ける。

  1. タイルの獲得。
  2. 壁ライン・床ラインへの配置。
  3. 得点計算。

タイルの獲得

プレイヤーは手番に下記のうちどちらかの方法でタイルを獲得する。

  • 工房展示ボードの上にある同じ色のタイル全てを獲得し、残りを円の中心へ置く。
  • 工房展示ボードからタイルを取る

  • 円の中心にある同じ色のタイル全てを獲得する。
  • 円の中心からタイルを取る

注意
円の中心にスタートプレイヤーマーカーがある場合、一緒に獲得し、床ラインに置かなくてはならない。(得点計算時に-1点になるが、次のラウンド時のスタートプレイヤーになれる。)

スタートプレイヤーマーカーの獲得

壁への配置

自分のプレイヤーボードの5段ある図案ラインの中から1つ選び、右詰で1枚ずつ配置していく。

図案ラインに置く

注意

  • すでにタイルがある場合、同じ色のタイルしか置けない。
  • アズールタイル置ける場所

  • 床タイルに同じタイルが埋まっている場合、同じ色のタイルは置けない。
  • アズールタイル置ける場所

  • 全てのマス目が埋まった場合、残りのタイルは床ラインに置かなくてはならない。床ラインが全て埋まったらゲームの箱の蓋に入れておく。
  • アズールタイル置ける場所

得点計算

  1. 全て埋まっている図案ラインのマス目にある、一番右のタイルを隣の壁ラインへの同じ色の箇所へ移動させる。
  2. 得点計算

  3. 移動させた後、残ったタイルは箱の蓋に入れる。
  4. 得点計算

  5. 全て埋まっていない図案ラインにあるタイルは次のラウンドへ持ち越す。
  6. 壁ラインに配置されているタイルの枚数に応じて得点を獲得し、得点計算マーカーを移動させる。
  7. 得点
    タイルの上下左右に接するタイルが1枚もない場合、1点
    左右に接するタイルがある場合、隣接しているタイルの枚数分の点数
    上下に接するタイルがある場合、隣接しているタイルの枚数分の点数
  8. 床ラインに配置されているタイルの枚数に応じて得点を引き、得点計算マーカーを移動させる。
補足
得点は0以下にならない。

得点計算

最終得点計算

いずれかのプレイヤーが壁ラインにタイルを横一列に並べたラウンドでゲームを終了し、最終得点計算へと移る。
最終得点計算に限り、下記の追加点を得る。

得点
横一列に並んでいる場合、1段ごとに2点
横一列に並んでいる場合、1段ごとに2点
同じ色のタイルを5枚全て並べた場合、その色ごとに10点

補足
プレイヤーボードの右下に最終得点の追加点が記載されているので、参考にすると良い。

得点

選択ルール

裏面の壁ラインが灰色の面を使用することで、壁ラインへタイルを配置する際、好きな箇所へ置くことができる。

注意
壁ラインの縦列にタイルは各1色ずつしか配置できない。

感想まとめ

6つの要素で分析!

遊んでみて

キリンの感想

キリン
さすがはドイツ年間ゲーム大賞をとった作品!
見た目の美しさ、ルールのシンプルさ、テンポの良さ、システムの完成度、どれをとってもお見事としか言いようのないボードゲーム!最大4人まで遊べるけど、2人プレイをおすすめしたい。2人だと展開を読みやすくて、より戦略的なゲームを楽しめるんだ。常に「’自分はこのタイルを取りたいけど、相手にはあのタイルを取られたくない’状態」で悩ましいのよ。
月並みな表現だけど’簡単なのに奥深い’というコピーがぴったりな作品だと思う。ボードゲーム初心者、上級者問わず楽しめるはずだから、まだ遊んだことのない方はぜひ!

ウシの感想

ウシ
美しいボードゲームNo.1!
ツルンとした多触りの装飾タイルがすごくいいっ。これをカラフルなボードの上に並べたら美しいに決まってるよね・・・!この派手な見た目に反して、ゲーム内容は良い意味で地味~…というか着実に得点を稼いでいくゲーム。手番にすることは「タイルを選ぶ → 置く」この二つのみだから、誰でも1試合目から楽しめるはず!

最初は自分の欲しいタイルが自由に取れるのに、後半になるにつれ獲得することでマイナスになってしまうタイルや、自分がマイナスになってでも相手に取らせたくないものが出てきて、頭の中は大混乱!!この苦しいジレンマが癖になっちゃうんだよね~。今後、このゲームがきっかけでボードゲームにのめり込む・・・。なんて人も増えてくんじゃないかな?!


戦いの記録

実際に遊んでみた様子はこちらの記事を見てね!

美しすぎるボードゲーム!アズール(AZUL)で宮殿の壁をタイルで装飾しよう!

2019年2月23日

お買い求めはこちら!

AZUL アズール

AZUL アズール

FUTARIASOBI
定価 ¥5,600(税別)

ウシ
2019年2月22日にNEWバージョンのアズールが発売されたよ!
キリン
ステンドグラス・・・?!これまた綺麗なんだろうなあ。来週遊ぼっ!

AZUL アズールシントラのステンドグラス

AZUL アズール シントラのステンドグラス

FUTARIASOBI
定価 ¥5,600(税別)


拡張

どの色のタイルとしても使用できる万能の「ジョーカータイル」を使用することで、更に戦略性UP!

ウシ
現段階で手に入れようと思ったら、ゲームマーケットに行くしかないみたい。
キリン
すっっっごく稀にHobbyJapanオンラインにて発売されることも。

AZUL アズール

AZUL アズール ジョーカータイル

FUTARIASOBI
定価 ¥1,000(税別)

スポンサーリンク