スターターセット(ビーストグレイヴ)でウォーハンマー・アンダーワールドを始めよう!

ウォーハンマー

ウォーハンマーは基本的に「WARHAMMER AGE OF SIGMAR」と「WARHAMMER 40000」の2シリーズに分かれているが、それ以外にも独立したゲームが存在する。

今回の記事ではその中でも特に人気な『WARHAMMER UNDERWORLD』シリーズの最新作、『BEAST GRAVE』をご紹介!!

その他のボックスゲームについてはこちらの記事を読んでね。

ウォーハンマーはAoSと40Kだけじゃない!単体で遊べるボックスゲームまとめ


どんなゲーム?

ウォーハンマー・アンダーワールド』は簡単に言うと、ミニチュアゲームとTCG(トレーディングカードゲーム)が融合したようなゲーム。

プレイヤーはウォーバンド‘と呼ばれる戦闘部隊(ミニチュア)を指揮し、そのステータスに合わせたデッキを自由に構築して使用する

ウォーハンマー・エイジオヴシグマーのスピンオフ的位置づけではあるが、その魅力や面白さは唯一無二であり、ゲームとしての完成度が非常に高いのだ!

補足
カードはパック売り(ランダム売り)されていない。

パックを剥く楽しさはないけれど、欲しいカード1枚のためにムダに散財することもないね。

ウォーバンドについて

ウォーバンドは前述のとおり、ウォーハンマー・アンダーワールドにおける戦闘部隊の呼称だ。

ウォーバンドは3~6体のファイター(戦闘員)で構成され、各ファイターには固有の能力やステータスが割り当てられている

「なるほど!好きなファイターを自由に組み合わせて、オリジナルのウォーバンドを作れるってことか!」と思いがちなんだけど、

実はウォーバンドは自由に編成することができない

ウォーバンドの編成はあらかじめ決まっており、ウォーバンドごとにパッケージ販売されているのだ。

ウォーバンド
引用元:Games Workshop Webstore

ウシ
各ウォーバンドパックには、ミニチュア一式と専用デッキが入っているよ!
キリン
デッキも入っているから、いろいろなウォーバンドに手を出しやすい!

付属のミニチュアはもちろん、通常のウォーハンマー製品と変わらず凄まじいクオリティ!

最大でも6体だから、飽きずにペイントできるのもいいところ。

デッキについて

さっき「プレイヤーは自由にデッキを構築する」と書いたけど、厳密には完全に自由なわけではない。

ゲームで使用するカードには、ウォーバンド限定カード全ウォーバンド共通カードの2種類があるのだ。

ウシ
ウォーバンド限定カードは、ウォーバンドのシンボルが目印!
ウォーバンド

現在選べるウォーバンドはなんと22種類!

キリン
公式サイトでウォーバンドごとのデッキを構築できるよ


引用元:Games Workshop Webstore


ビーストグレイヴ スターターセット

スターターセットというだけあって、ゲームに必要なものはすべて1ボックスに入っている。

ウォーバンドとデッキが2組入っているから、仲間や友人と共同で買えばすぐにゲームができるのだ。

セット内容

コンポーネント

ゲームボード / ミニチュア11体 / 構築済みデッキ 2組 / 強化用カード / 特殊ダイス 11個 / 各種ヘックスタイル / 各種トークン / ルールブック / クイックスタートガイド

ウォーバンド

ビーストグレイヴ スターターセットに付属するウォーバンドはこの2つ!

グラシュラックの強奪団』と『スカエスの狩猟団』だ。

2種のファイター

キュートorセクシー??

組み立て・ペイントについて

このセットに含まれているモデルはすべて接着剤不要のプッシュフィット式のため、ニッパーさえあればとりあえず組み立てができる。

ウシ
ウォーバンドごとに色がついているから、ペイントなしでも遊べちゃう!
色付きのランナー

組み立てただけで遊べる素晴らしい配慮

▼別のモデルだけど、実際に組み立て・ペイントしている様子はこちら!
過程をざっくり知りたい方にはピッタリだ。

【ウォーハンマー】シタデルカラーを使って実際にミニチュアをペイントしてみた!

【ウォーハンマー】テンペスト・オヴ・ソウルのミニチュアを実際に組み立ててみた!


ゲームについて

それでは実際にどのように遊ぶのかをざっくりと紹介!

プレイヤーはファイターに命令を下したり、構築したデッキからパワーカードを使用して
手札の目標カードに描かれた条件を達成することを目指す。

目標カードに描かれた条件を達成するともらえるのが栄誉点
これを3ラウンド終了までにより多く集めたプレイヤーが勝利となる。

キリン
つまり、自分のウォーバンドが全滅しても栄誉点さえ稼げていれば勝てるんだ!
栄誉点

命よりも大事な栄誉点

1ラウンドでは下記のフェイズを、上から順に行っていく。

  1. アクションフェイズ
  2. パワーステップ
  3. 終了フェイズ

アクションフェイズ

自軍のファイターに命令を出し、移動したり攻撃を仕掛けたりする。

「命令」の種類は全部で4つ!

  • 移動アクション:ボード内を移動する
  • 攻撃アクション:敵に攻撃を仕掛ける
  • 突撃アクション:移動後に攻撃を仕掛ける
  • 守備アクション:敵から身を守る

基本的にはどのアクションもカードに描かれているステータスを元に、動かしたりダイスを振って戦う。

キリン
勝つためにはダイス運がマストッ!気合が入りすぎてテーブルから落ちないようにね…!
攻撃ダイス

ダイストレーは欠かせないね・・・

パワーステップ

手札のパワーカードを交互に1枚ずつ使用するステップ。

パワーステップ

相手がパスしたら出し続けられる

種類は大まかに分けて4つ。

  • 戦術カード:戦況を有利にしてくれる 1度のみ使用可能
  • 強化カード:対象のウォーバンドを強くする ゲーム中効果が続く
  • 魔法カード:魔法で強化したり、敵を攻撃する 1度のみ使用可能
  • リアクションカード:一定の条件を満たした際に発動する

基本的に手札がなくなるまで何枚でも使用してもオッケー!

ただし、最後のリアクションカードの中には『自軍のウォーバンドが攻撃を受けたとき、相手ファイター1体に1ダメージ与える』などアクションフェイズで発動するものも。

終了フェイズ

最後は栄誉点を稼ぐフェイズ。
スタートプレイヤーから順に達成した目標カードを提示し、栄誉点を獲得する。

目標カード

カードの難易度によって1枚~5枚の栄誉点がもらえる

最終ラウンドであればここで得点計算を行うが、1ラウンド・2ラウンド目であれば
目標カード・パワーカードの補充及び一部のトークンを取り除いてから新しいラウンドをスタート!


以上でゲームの説明はおしまい!

ウシ
デッキ構築とダイスロール、頭脳戦と運がこれまた絶妙なんだよねぇ。
キリン
ウォーバンドごとに戦い方も異なるから違う種族でも戦ってみたくなる!

なんとな~くイメージは伝わったかな?

▼もっと詳しく知りたいという方はこちらの記事をチェック!
ここでは紹介していないゲームの準備から、攻撃時のステップなど実際に遊んでみた様子を交えて説明しているよ。

BEAST GRAVE ビーストグレイヴ(ウォーハンマー・アンダーワールド)とは?ルール解説


お買い求めはこちら!

アンダーワールド:ビーストグレイヴ

BEAST GRAVE スターターセット(日本語版)

FUTARIASOBI
定価 ¥11,300 (税込)


付属品

プレイマット

プレイマット

FUTARIASOBI
定価 ¥2,860 (税込)

デッキボックス

デッキボックス

FUTARIASOBI
定価 ¥1,220(税込)

キャリーケース

キャリーケース

FUTARIASOBI
定価 ¥7,500(税込)

キリン
『スカエスの狩猟団』専用のスリーブ&ダイスはこちら!

スリーブ

スリーブ

FUTARIASOBI
定価 ¥1,840 (税込)

ダイス

ダイス

FUTARIASOBI
定価 ¥1,840 (税込)

ウシ
『グラシュラックの強奪団』専用のスリーブとダイスもあるよー!

スリーブ

スリーブ

FUTARIASOBI
定価 ¥1,840 (税込)

ダイス

ダイス

FUTARIASOBI
定価 ¥1,840 (税込)

以上、ボックスゲームのアンダーワールド第三弾『ビーストグレイヴ』のご紹介でした。

最後まで読んでくれてどうもありがとう!