おさんぽギャモンを徹底解説!親子で遊べる2人用ボードゲーム【PR】

頭脳戦がアツイゲーム 
今回遊ぶゲームは、あの世界的に有名なボードゲーム「バックギャモン」をライトに分かりやすくリメイクした『おさんぽギャモン』だ。サイコロを振って、どちらが先にペンギンたちをおうちに帰せるかを競うすごろくゲーム。長年愛されるオリジナルの面白さに可愛さと分かりやすさをプラスした、まさにバックギャモン愛に溢れる作品なのだ!
ウシ
今日はこのペンギンがキュートな「おさんぽギャモン」で遊ぶよっ!
キリン
いいけど…。6歳から遊べるってことは、ちょっと簡単すぎるんじゃないの〜?
ウシ
侮ることなかれっ!このおさんぽギャモン、なんと元祖は5000年もの歴史を持つ世界最古のボードゲーム「バックギャモン」だよ!
キリン
あ、あのバックギャモンだと…?!遊んでみたいなぁとは思ってたんだけど、なんか難しそうで尻込みしてたんだよね・・・。
ウシ
おさんぽギャモンはそんな人にピッタリのゲームだよ!
キリン
おお!早く遊ぼう!早く早く!

ゲーム詳細

おさんぽギャモン

商品名 おさんぽギャモン
原案 南雲夏彦
企画・制作 来住野香子
発売年 2019年
プレイ人数 2人専用
プレイ時間 15分程度
対象年齢 6歳以上
メーカー 日本バックギャモン協会
発祥国 日本
箱サイズ 14.5cmx23.5cmx2.5cm
ボードサイズ 22.5cmx54cm
定価 ¥3,500(税込)

あけてみよう!

セット内容

おさんぽギャモン

ゲームマット / ペンギンコマ 16匹 / サイコロ 2個 / ルールブック

ルール説明

概要

  • プレイヤーはサイコロを振って出た目の数だけペンギンを動かし、自宅へ向かう。
  • 先にすべてのペンギンを帰宅させることのできたプレイヤーの勝利!

ゲームの準備

  1. プレイヤーの間にゲームマットを横に置く。
  2. 各プレイヤーは青かピンクのペンギンを受け取り、ボード上の足跡に自分のおうちの方向に向けて並べる。

おさんぽギャモン ゲーム準備

ラウンドの流れ

  • プレイヤーは同時にサイコロを振り、大きい目が出たプレイヤーが先行プレイヤーとなる。
  • 補足
    同じ目がでたら振り直す。
  • 先行プレイヤーから交互にサイコロを振り、出た目の数だけペンギンを動かす。
  • 先に8匹全てのペンギンを帰宅させたプレイヤーの勝利!
最初の手番
最初の手番に限り、先行プレイヤーは自分の出した目と相手が出した目の数だけペンギンを進ませる。

ペンギンの動かし方

  • 2個のサイコロを振り、出た目の数だけペンギンを動かす。
  • ペンギンの動かし方

  • このとき1匹のペンギンに2個のサイコロを適用させるか、それぞれを異なるペンギンに適用させるかを選べる。
  • ペンギンの動かし方

  • ゾロ目が出た場合、出た目を4回適用させることができる。
  • ペンギンの動かし方

    重要

    • 相手のペンギンが2匹以上いる氷に止まることはできない。
    • 相手のペンギン

    • ペンギンが動かせる限り、必ず出た目の数だけ移動させなくてはならない。
    • どちらか片方の目しか適用できない場合は、大きい目を使わなくてはならない。
  • 自分のペンギンが1匹のみ乗っている氷に相手のペンギンが止まった場合、自分の色の浮き輪(氷の穴)まで飛ばされてしまう。
  • 氷の穴

重要

  • 氷の穴にペンギンがいる場合、他のペンギンを動かすことはできない。
  • 氷の上のペンギンも、手番に降ったサイコロの出た目の数だけ動かす。

おうちへの帰り方

  • おうちに帰るには、すべてのペンギンが自分の氷の上にいなくてはならない。
  • 自宅への帰り方

  • 出た目の数よりも残りのマス目の方が少ない場合、後ろに自分のペンギンがいなければ帰宅することができる。
  • 自宅への帰り方


感想まとめ

6つの要素で分析!

遊んでみて

キリンの感想

キリン
バッグギャモン入門には絶対これ!
実はバックギャモンは一度も遊んだことなかったんだけど、今回『おさんぽギャモン』で遊んでみてわかった。めっちゃくちゃ面白い!ゲーム性は「すごろく」に似ているから運だけかと思いきや全くそんなことなくて、しっかり頭を使って戦略的に遊べる奥深いゲームだった。

バックギャモンをライトにして子供でもすんなり理解できて楽しめるように作られたのがこの『おさんぽギャモン』。ペンギンのコマがおうちに帰るっていう設定があるおかげで、バックギャモンのルールに物語的な意味が生まれてとにかく覚えやすいんだ!これがとても秀逸。
『おさんぽギャモン』はバックギャモンのポテンシャルを最大限に活かして幅広い年齢層にアプローチできる傑作だと思う!

ウシの感想

ウシ
戦い方が分かってくるとより楽しい!
勝つため、というより負けないためのコツはとにかくペンギンをひとりぼっちにしないこと!
それを意識しすぎるあまり最初は上手くいかなかったけど、遊べば遊ぶほど「ここで相手を飛ばしたら先頭にいるペンギンが危ない!」など自分なりの戦略を立てられるように。
親子で遊ぶときも、はい負け〜!で終わらずに「ここのペンギンをこう動かしていたらよかったかもね」なんて学びながら遊ぶと“上達する喜び”も分かってきてもっ〜と夢中になるはず。

コンポーネントが可愛いからギフトにも打ってつけ!ペンギンもしっかりと厚みのある木製コマだからスベスベしててずっと触りたくなるよ〜…。


戦いの記録

実際に遊んでみた様子はこちらの記事を見てね!

バックギャモンをはんぶんこ!おさんぽギャモンでペンギンたちのすごろく勝負!【PR】

2019年5月18日

お買い求めはこちら!

おさんぽギャモン

おさんぽギャモン

FUTARIASOBI
定価 ¥3,500(税込)

スポンサーリンク