ペーパーテイルズを徹底解説!王国の発展を目指すカードドラフトゲーム!

頭脳戦がアツイゲーム 

今回遊ぶのは、王国の発展を目指すカードゲーム『ペーパーテイルズ』だ。

プレイヤーは一国の王となり、さまざまなユニットを用いて隣国と競い合う。

大切なのは勝利への筋道を立てる戦略的思考力。何を捨て、何を得るのか。

相手の企てる計画を崩し、世界に名を轟かす王国を築き上げるのだ!

キリン
今回はウシの好きなペーパーテイルズで遊ぼうか!
ウシ
ペーパーテイルズ?!やったー!
キリン
このゲームって元々『ヴォーパスル』っていうタイトルだったの知ってた?
ウシ
知ってる!知ってる!響きがカッコいい!
キリン
まず海外でリメイクされてから日本に逆輸入されたらしいんだけど…なかなか珍しいよね。
ウシ
経歴までカッコいいなんてずるいな…。

ゲーム詳細

 

商品名 ペーパーテイルズ
作者 上杉 真人
発売年 2017年
プレイ人数 2人~5人
プレイ時間 30分程度
対象年齢 12歳以上
メーカー Engames
発祥国 日本
箱サイズ 27.5cmx18.5cmx6.5cm
カードサイズ 88mm×63mm
定価 ¥4,200(税抜)

あけてみよう!

セット内容

ペーパーテイルズ コンポーネント

勝利点ボード / ラウンドマーカー / 金貨カウンター 30個 / 経年カウンター 30個 / プレイヤーエイドカード 5枚 / 勝利点カウンター 5個 / 建物カード 25枚 / ユニットカード 81枚 / ルールブック

ルール説明

概要

  • 5枚の手札から自分の王国に配置するユニットを選択し、他プレイヤーと戦争を行い、得点を稼ぐ。
  • 戦争が終わったら、収入・建築を経てユニットが経年劣化する。
  • 経年劣化したユニットは王国から去ってしまうので、再びユニットを配置していき、王国の発展を競う。

ゲームの準備

  1. 勝利点ボードをテーブルの中央に起き、ラウンドマーカーをラインドトラックの「1」のマスの上に置く。
  2. 各プレイヤーは好きな色を選び、その色のプレイヤーエイドカード・勝利点マーカーを受け取る。勝利点マーカーは勝利点トラックの「0」に配置する。
  3. 勝利点ボード

  4. 全てのユニットカードをよく混ぜ、裏向きの山札にする。
  5. 金価カウンター経年劣化カウンターをまとめ、ボードのそばに置いておく。
  6. 各プレイヤーは3金と、5種類の建物カード(城下町・酒場・鉱山・神殿・兵舎)を受け取る。

ゲーム準備

手番の流れ

各プレイヤーは下記アクションを行う。

  1. 雇用フェイズ
  2. 配置フェイズ
  3. 戦争フェイズ
  4. 収入フェイズ
  5. 建築フェイズ
  6. 経年フェイズ

4ラウンド終了時、最も多くの勝利点を獲得しているプレイヤーの勝利!

同点の場合
より多くの金貨を所持しているプレイヤーが勝者となる。

雇用フェイズ

  1. 山札からユニットカードを5枚ずつ各プレイヤーに配布する。
  2. 補足
    山札がなくなったときは捨て札をシャッフルし、新たな山札とする。
  3. 各プレイヤーは受け取った5枚のうち1枚を選び、残りのカードを左隣のプレイヤーへ渡す。
  4. 重要
    2ラウンド目・4ラウンド目は右隣のプレイヤーへ渡す。
  5. 各プレイヤーの手札が5枚になるまで繰り返す。
  6. 前ラウンド終了時、キープしておいたカードがあるプレイヤーは手札に加える。

雇用フェイズ

2人プレイ時
各プレイヤーに9枚ずつ配布し、カードを1枚選ぶと同時に1枚を捨て札にする。

9枚

ユニットカードの見方

建物にはレベル1(表面)とレベル2(裏面)の2段階がある。

  1. 名前
  2. 配置に必要なコスト
  3. 戦力
  4. 能力(ラウンド中に得られる効果)
  5. 能力(生産している資源)

ユニットカードの見方

配置フェイズ

  1. 各プレイヤーは手札からコストが支払える分だけの任意のカードを選び、手元(=自分の王国)に裏向きで4枚配置する。
  2. 王国づくり

    重要
    王国に空きスペースが足りない場合、既に配置されているユニットを捨て札にするか、他のスペースへ移動することができる。

    自由に配置

    補足
    カードの効果により、配置できるユニットの上限が5枚になる場合もある。
  3. 配置しないカードは捨て札へと置く。
  4. 捨て札

    重要
    この時1枚だけ裏向きで置き、キープする(次のラウンドで使用するためにとっておく)ことができる。

    取り置き

  5. 全員が配置し終えたら一斉に公開し、配置コストを支払う。

配置フェイズ

戦争フェイズ

  1. 各プレイヤーは前衛に配置されているユニットの兵力を合算し、両隣のプレイヤーと兵力を競う。
  2. 兵力がより高い(=戦争に勝利した)プレイヤーは、1勝利ごとに3勝利点を獲得する。
兵力が同じ場合
両方のプレイヤーが戦争に勝利したことになり、どちらも3勝利点を得る。

戦争フェイズ

収入フェイズ

  • 各プレイヤーは2金を受け取る。
  • 王国に配置されたユニット・王国による収入があれば受け取る。

収入フェイズ

建築フェイズ

最初に配布された5種類の建物カードのうち、まだ建設していない新たな建物を建築するか、王国にある建物をアップグレードすることができる。

重要
建物はレベル1とレベル2、好きな面を建築することができる。

建築コスト

支払うコスト
  • 土地コスト:王国にある建物1つにつき2金
  • 建築コスト:王国にあるユニットおよび建物から生産している資源
重要
アップグレードする場合は、レベル2の建築コストのみ支払えば良い。

支払うコスト

建物カードの見方

レベル1の建物が表面にあり、裏面にとレベル2の建物がある。

  1. 名前
  2. レベル
  3. 建築に必要なコスト
  4. ゲーム終了時、獲得できる勝利点
  5. ラウンド中に得られる効果or生産できる資源(能力)

建物カードの見方

経年フェイズ

  1. 経年カウンターが1つ以上置かれているユニットを取り除き、捨て札にする。
  2. 残ったユニットに経年カウンターを1枚ずつ配置する。
  3. 経年フェイズ

  4. ラウンドマーカーを1つ進める。
  5. ラウンドマーカー


感想まとめ

6つの要素で分析!

遊んでみて

キリンの感想

キリン
かなり遊びやすいカードゲーム!

カードの効果はいろいろあるけれど、「このカードはこういうふうに使えばいいんだな」というのが分かりやすいから、カードゲームに慣れていない人でも遊びやすい作品だと思う!

このゲームで勝つには相手プレイヤーよりも勝利点を多く稼がなくちゃいけないんだけど、その手段は数パターンある。

相手の出すカードをみてどういう方法で勝利点を稼ごうとしているのかが分かったら、それを妨害することも重要。

手札をドラフトするときに自分が一番欲しいカードよりも、相手が一番欲しいだろうカードを優先したほうが結果的に勝ちに繋がるかもしれない。

シンプルな分かりやすいゲームだからこそ、考える楽しさが強調されている気がするな。

ウシの感想

ウシ
経年システムが面白い!

カードを選び、配置して戦うゲームはこれまでもたくさん遊んできたけれど、”経年劣化によるカード排除”というシステムは初めて!!
どんなに高い戦力・豊富な資源をユニットで揃えてもすぐにお別れ・・・。
常に先のラウンドを見据えて頭を働かせなくちゃいけない!!

たったの4ラウンドしかないっていうのが何度も遊びたくなるポイント!
毎回「よっしゃー!素材が揃ってきたぞー!」「安定してお金が稼げるようになったぞー!」というタイミングで終わってしまうところがもう一戦交えたくなるよ。

そしてなによりアートワークが好みど真ん中!!!!!どのカードを引いても惚れ惚れしてしまう…。


戦いの記録

実際に遊んでみた様子はこちらの記事を見てね!

王国同士の熱き戦い!ペーパーテイルズで戦略的カードバトル!


お買い求めはこちら!

ペーパーテイルズ

ペーパーテイルズ

FUTARIASOBI
定価 ¥4,200(税別)

ウシ
1人~7人まで遊べる拡張はこちら。
キリン
新たなユニットと建物も追加!

ペーパーテイルズ拡張 禁域への門

ペーパーテイルズ拡張 禁域への門/

FUTARIASOBI
定価 ¥2,800(税別)

ウシ
カードは108枚!スリーブは2使っておこう。
キリン
拡張も一緒に買うなら3セット必要だよ!

カードスリーブ 100枚入り

カードスリーブ 100枚入り

FUTARIASOBI
定価 ¥257(税別)