パッチワーク ドゥードゥルを徹底解説!2人用名作が紙&ペンゲームになって登場!

頭脳戦がアツイゲーム 
あの名作2人用ボードゲーム『パッチワーク』が紙&ペンゲームになって新登場!その名も『パッチワーク ドゥードゥル』だ。パッチワークとは違って完全な個人戦。最適な配置はどこかを考えながら黙々と描画シートを埋めていく。プレイヤーは全員同一条件での真剣勝負!負けても言い訳はできないぜ。
ウシ
あの2人用名作「パッチワーク」が6人まで遊べるようになったよ!
キリン
おぉ〜!でも拡張ってわけじゃないんだね。
ウシ
そう。これは単品で遊べるみたい。ルールはほとんど同じだけど、これは紙と鉛筆を使うんだって!
キリン
なるほど。箱もコンパクトだから友達の旅行には最適だねっ。

ゲーム詳細

パッチワーク ドゥードゥル

商品名 パッチワーク ドゥードゥル
作者 Uwe Rosenberg
発売年 2019年
プレイ人数 1人~6人
プレイ時間 20分程度
対象年齢 8歳以上
メーカー(原版/日本) Lookout Games/ホビージャパン
発祥国 ドイツ
箱サイズ 20cmx20cmx4.5cm
定価 ¥2,000(税抜)

あけてみよう!

セット内容

パッチワーク ドゥードゥル

描画シート(80枚) / 6面ダイス / トークン / スタートカード 10枚 / パッチカード 30枚 / 鉛筆 6本 / ルールブック

ルール説明

スポンサーリンク

概要

  • 各プレイヤーはパッチカードに書かれたパッチを描写シートへ記入していき、1つの大きな正方形を作る。
  • 四角形の大きさに応じた得点を獲得する。
  • これを3回繰り返し、最も得点の高かったプレイヤーの勝利!

ゲームの流れ

準備

  1. パッチカードをシャッフルし、8枚のカードを円状に並べる。残りのカードは裏向きの山札にして円の中心に設置する。
  2. 並んでいるカードとカードの間の好きな場所にポーンコマダイスを配置する。
  3. 各プレイヤーはスタートカード描写シート鉛筆を受け取り、スタートカードに描かれている7マスぶんのパッチを描写シートへ記入する。
  4. 描写シートへ記入する width=

  5. 余った道具は箱へ戻す。

ゲーム準備

スポンサーリンク

ラウンドの流れ

下記の流れを3回繰り返し、最終得点計算を行う。

  1. トークンを進め、パッチを記入する。
  2. 得点計算。
最終得点計算
これまでに獲得した点数空いているマス
1人プレイ時
100点越えを目指して頑張ろう!

パッチを記入する

下記手順を6ターン繰り返し、パッチカードが2枚残った時点で得点計算へと映る。

  1. ダイスを振る。

    トークンを進める

  2. 出た目の数だけトークンを時計回りに進める。

    トークンを進める

  3. トークンのあるカードに描かれているパッチを、全プレイヤーは描写シートの空いているマスへ記入する。
  4. 外枠→模様

    パッチの記入方法
    • パッチを記入する際は外枠→模様の順に書くと良い。
    • パッチは好きな方向に回転・反転して記入しても良い。
    • 前手番までに記入したパッチを書き直してはいけない。
    • 記入したくない場合はしなくても良い。
  5. 使用後、カードは捨て札としてテーブルの脇に積んでおく。
重要
最終ラウンドに限り、下記の手順を行う。
  1. 残った2枚のパッチカードをトークンの前に一列に並べる。
  2. 山札から6枚のパッチカードを取り、これまでと同様に円状に並べる。
  3. 第6ターン目プレイヤーはダイスを振らずに、任意のパッチタイルを選ぶ

得点計算

描写シート上の模様のついた四角形1つにつき下記の点数を獲得し、得点の欄に記入する。
得点計算1

  1. 最も大きい正方形のマス1つにつき1点。
  2. 最も大きい正方形を除いた横列および縦列1つにつき1点。

得点計算方法

補足
自分が最も多くの点数を獲得できる四角を見つけよう!

特別アクション

各プレイヤーはラウンド中いつでも1回のみ描写シートの右下にある特別アクションを行うことができる。

特別アクション

  1. トークンの止まったパッチを記入する代わりに、右か左にあるカードのパッチを記入する。
  2. 1マスぶんのパッチを記入する。
  3. トークンの止まったパッチの1箇所を真っ二つに分け、そのうちのどちらかのみを記入する。
  4. 特別アクション

  5. いずれかの特別アクションを再度使用できる。

感想まとめ

6つの要素で分析!

遊んでみて

キリンの感想

キリン
これはこれでかなり楽しい!
パッチワークとはプレイ感がかなり違う印象。通常のパッチワークは相手とタイルを取り合う対戦要素があったけど、ドゥードゥルは完全に個人戦。黙々と自分のマスを埋めていくゲームだ。
時間ボードやタイルの駆け引きなどが一切なくなったぶん、すごくシンプル。個人的には黙々系ゲームは大好きだからドゥードゥルも楽しめたけど、「あのパッチワークが大人数で遊べる!」っていうイメージで買うのはよろしくないかも。メインの要素だけを残した別ゲームだからね。

あと付属の色鉛筆は超絶薄いから、別途カラーペンを用意することをおすすめするよ!

ウシの感想

ウシ
タイル派と紙ペン派で分かれそう!
ただ単に紙とペンを用いることでプレイ人数を増やしただけじゃなくて、時間ボードのない代わりにスペシャルアクションを使えるようにしたりと新しい要素もあって楽しい!個人的には2人用の方が好きなんだけど、こっちの方が好き!っていう人もたくさんいそう。

6人まで遊べると記載してあるけれど、も~っと大勢で遊ぶこともできちゃう!実際、日本製造元のホビージャパンでは「生放送で視聴者の方とみんなで遊ぶ!」という企画をしていたよ。離れていてもワイワイ遊べるなんてステキだよね…!
残念ながらこの回は参加できなかったから、またやってくれるといいなぁ。


戦いの記録

実際に遊んでみた様子はこちらの記事を見てね!

みんなでパッチワーク!紙とペンを使うパッチワークドゥードゥルでお手軽頭脳戦!

2019年6月29日

お買い求めはこちら!

パッチワーク ドゥードゥル

パッチワーク

FUTARIASOBI
定価 ¥3,000(税別)

基本セット

ウシ
パッチがタイルになっている基本の「パッチワーク」はこちら!
キリン
こちらは2人専用だよ!

パッチワークを徹底解説!初めてのボードゲームにもおすすめな2人用ゲームの傑作!

2019年6月22日

2人用パズル系ボードゲームの傑作!パッチワークでタイルを敷き詰める頭脳戦!

2019年6月22日
パッチワーク

パッチワーク

FUTARIASOBI
定価 ¥3,000(税別)