CITY OF ROME(シティ・オブ・ローマ)を徹底解説!ドイツで大人気のタイル配置ゲーム!

頭脳戦がアツイゲーム 
今回遊ぶ『CITY OF ROME(シティ・オブ・ローマ)』はドイツ・エッセンシュピール2018にて堂々の人気NO.1に輝いたタイル配置ゲームだ。そのタイトル通り、プレイヤーは各自ローマの街を建設し、その得点を競い合う。シンプルなルールの中にも戦略は様々。相手の街をのぞき見しつつ、最適な場所に建物を配置して最高のローマを作り上げろ!
ウシ
聞いて聞いて聞いて!ドイツで開催された、エッセンシュピール2018でシティ・オブ・ローマっていうボードゲームが人気1位になったんだって!
キリン
ほう・・・!それはやるしかないですね。
ウシ
それにしても…このイベント素敵すぎる…!ボードゲームの聖地で5日間もたくさんのボードゲームに囲まれるなんて…!Dr.エウレカのコスプレしてる人もいたらしいよ!

ドクターエウレカを徹底解説!素早く毒薬を調合し、危険な実験に挑戦!

2018年9月15日
キリン
おれたちもコスプレしよう!おれ、ごきぶりデュエルの女王役やるからウシはノーマルごきぶりね!

ごきぶりデュエルを徹底解説!相手を出し抜く心理ゲーム!

2018年8月11日
ウシ
絶対いや!!

ゲーム詳細

シティ・オブ・ローマ

商品名 シティ・オブ・ローマ
作者 Claus Stephan / Martin Hoffmann
発売年 2018年
プレイ人数 2人~4人用
プレイ時間 60分程度
対象年齢 10歳以上
メーカー Abacus Spiele
発祥国 ドイツ
箱サイズ 19cmx27.5cmx6.5cm
定価 ¥3,900(税抜)

あけてみよう!

セット内容

シティ・オブ・ローマ

アクションバー 6枚 / 建物カード 80枚 / 山札の建物 72枚 / 影響力カード 6枚 / 使者 6個 / レンガコマ 6枚 / 得点チップ 18枚 / 影響力チップ 33枚 / 皇帝コマ / コイン 39枚 / スタートプレイヤーコマ / スコアシート / 建物リファレンス / ルールブック

ルール説明

スポンサーリンク

概要

  • プレイヤーは獲得できる素材の個数やプレイする順番を考慮しながら、使者コマを配置する。
  • 獲得した素材で建物を建設していき、勝利点を稼ぐ。
  • ラウンドの終了時、最も勝利点の高かったプレイヤーの勝利!
同点だった場合
最も影響力チップを持つプレイヤーの勝利となる。それも同点だった場合はコインの数で競う。

ゲームの流れ

準備

  1. 各プレイヤーは色を決め、自分の色の開始建物2枚と使者コマ1つを取り、残りは箱にしまっておく。
  2. 2人プレイ時
    茶色と白色の開始建物、使者コマ2つずつを使用する。
  3. 各プレイヤーは4マス×4マスの建物コマを置くスペースを確保し、開始時の都市を隣接するよう配置する。その隣に使者コマを置く。
  4. 各プレイヤーは5コインずつ受け取り、残りのコイン、チップ、コマはストックとして脇に置いておく。
  5. 建物カードは裏面の数字ごとに分け、後述の山札の作り方を参照にカードを作り、テーブルの中央に置く。
  6. 補足
    プレイ人数と同じ数の建物カードを使用する。(例:2人プレイ時はIとIIの建物カードのみ使用する。)
  7. 最年長のプレイヤーがスタートプレイヤーとなり、スタートプレイヤーコマを取る。
  8. スタートプレイヤーの右隣のプレイヤーが、IIの山札からプレイヤー人数と同じ枚数の建物カードを引き、その中から1枚を選び手札とする。
  9. 残りのカードを右隣のプレイヤーに渡し、スタートプレイヤーが最後のカードを受け取るまで回していく。
  10. アクションバーをよく混ぜ、山札の隣に重ねて配置する。
  11. 宮廷コマをアクションバーの端のくぼみに合うよう置く。

ゲーム準備

山札の作り方

Iの山札に各影響力カードを入れていく
「4」と「8」の影響力カードは使用しないため、箱にしまう。

  1. 「3」の影響力カードを3枚目と4枚目の間に。
  2. 「6」の影響力カードを6枚目と7枚目の間に。
  3. 「10」の影響力カードを10枚目と11枚目の間に。
  4. 「14」の影響力カードを一番下に。
2人プレイ時
「3」と「10」の影響力カードは使用しないため、箱にしまう。
  1. 「4」の影響力カードを4枚目と5枚目の間に。
  2. 「8」の影響力カードを8枚目と9枚目の間に。
  3. 「14」の影響力カードを一番下に。
山札の作り方
スポンサーリンク

ラウンドの流れ

下記の3つのフェイズを順に行い、これを14ラウンド繰り返す。

2人プレイ時
7ラウンドのみをプレイする。
  1. 準備フェイズ
  2. 使者フェイズ
  3. アクションフェイズ

最終ラウンドの影響力決算後、ゲームを終了し、最終得点計算に移る。
最終得点計算は得点の種類ごとに付属のスコアシートへ記録する。

準備フェイズ

  1. 一番上にあるアクションバーを裏返し、一番下に置く。
  2. アクションバー

  3. 各山札から一番上を1枚ずつ公開する。
  4. 2人プレイ時
    2枚ずつ、計4枚公開する。

各山札から一番上を1枚ずつ公開

影響力カード
公開したカードが「影響力カード」だった場合は、一旦山札の隣に置いておく。

影響力カード

そのラウンドの終了したら即座に影響力決算を行う。
最も影響力チップを持つプレイヤーがこのカードを獲得し、最終得点時にその数字を勝利点として加算することができる。
獲得したプレイヤーは全ての影響力チップをストックへ戻す

影響力決算

影響力チップの数が同数のプレイヤーがいたら誰も獲得することができない。この場合、続くラウンドの終了時に単独最多になった最初のプレイヤーが獲得することができる。

使者フェイズ

スタートプレイヤーから時計回りに使者コマをアクションバーの空いているマスに置く。

使者フェイズ

2人プレイ時
2個を、1個ずつ交代で置いていく。
重要
皇帝コマに近ければ近いほど次のアクションフェイズで早く行動できるため、好きな建物カードを獲得できるが、使える素材が少なくなる。

アクションバー

アクションフェイズ

全てのプレイヤーが使者コマを配置したら、皇帝コマに近いプレイヤーから順に下記アクションを行っていく。

  1. 建物の選択。
  2. 追加のレンガ・歯車の購入。
  3. 建設アクション。
  4. 生産アクション。
注意
建物アクションと生産アクションは好きな順番で行うことができるが、どちらも1手番に1度ずつしか実行できない。

全てのプレイヤーがアクションフェイズを終えたら、ラウンドの終了。
スタートプレイヤーコマを時計回りに隣のプレイヤーへ渡し、次のラウンドを開始する。

2人プレイ時
2回ずつ手番を行うが各手番は独立して行う。そのため1回目で未使用のレンガや歯車は持ち越せない。

建物の選択

公開されている建物から任意の1枚を選び、手札に加える。

追加のレンガ・歯車の購入

建設・生産アクションを行う前にコインを支払うことで追加のレンガ及び歯車を購入することができる。

販売コスト
レンガ1つ:コイン
歯車1つ:コイン

建設アクション

手札の各建物の左上にあるレンガのコストを支払うことで、建設できる。

注意
残ったレンガは持ち越すことができないため、破棄する。

建設をする際は、すでに配置している建物の縦か横に最低1辺隣接していなければならない。
手札に良い建物がなかった場合や、レンガが足りない場合はこのアクションを行わなくても良い。

生産アクション

歯車を2つ消費することで、生産施設の効果を1つ発揮できる。

注意
残った歯車は持ち越すことができないため、破棄する。

建物の効果

建物は公共施設・神殿・住居・水道橋・生産施設の5種類があり、更に公共施設だけで4種類ある。

建物

公共施設
建設時、隣接している各建物の数だけコインや影響力チップなどを獲得できる。
住居エリアに隣接している場合、特典計算時に公共施設の色の数をかけた得点を獲得できる
神殿
特典計算時、それぞれの効果に従い得点を獲得できる。
住居
特典計算時、右上の数字の価値力を得点として得る。同じ価値力同士を繋げると、住居エリアになる。
水道橋
都市の縦列・横列につき1つ建設できる。最終得点計算時、建築している水道橋の数に従い得点を獲得できる
生産施設
生産フェイズ時、歯車2つを使用することでコインやレンガを生産できる。

得点計算例

特典計算例


感想まとめ

6つの要素で分析!

遊んでみて

キリンの感想

キリン
無難に楽しめる優等生ボードゲーム
アクションフェイズを行う順番を自分で選択でき、その順番によって得られる資源の量と選択肢の数が変動するのがポイント!このシステムに王道なタイル配置ゲーム要素が加わって「間違いない作品」になっているなぁっていう印象。2人用ルールだと1ラウンドに2回自分の手番が回ってくるから、1回は自分の得点を稼ぐために使い、もう1回は相手のジャマをする(相手が欲しいであろうカードを先に取る)なんて戦い方もできるから面白いね!比較的シンプルなゲームだけど、どの建物をどう配置すれば得点効率がいいのかが互いにわかってくると一気に高度な頭脳戦を楽しめるはず!

ウシの感想

ウシ
正統派タイル配置ゲーム!
こういうゲームって、自分の欲しいカードが取られる度に地味~にストレスが溜まるけど(そのストレスも含めて楽しいんだけどね!)シティ・オブ・ローマは不思議とそれが少ない。建物カードの効果のバランスがいいからかな。
プレイ時間は60分って書いてあるけど、2人プレイ時だと7ラウンドだからそんなにかからない。慣れてきたら30分くらいで遊べちゃうよ!

どのカードがどういう効果を発揮して、何枚ずつあるのか…なんて情報を頭に入れるのも大切だけど、とりあえずやってみよう!2回も遊べばあなたもシティ・オブ・ローマの面白味にどっぷり浸かれるはず!


戦いの記録

実際に遊んでみた様子はこちらの記事を見てね!

ローマの街を作り上げよう!CITY OF ROME(シティ・オブ・ローマ)で悩ましい建設バトル!

2018年12月15日

お買い求めはこちら!

シティ・オブ・ローマ

シティ・オブ・ローマ

FUTARIASOBI
定価 ¥3,900(税別)