ボルカルス(vulcanus)を徹底解説!怪獣映画の世界を体験できる、本格災害シミュレーションゲーム!

協力してクリアするゲーム

今回遊ぶゲームは、日本から世界へ発信する本格怪獣ボードゲーム・シリーズ’Kaiju on the Earth’第一弾『ボルカルス』だ。

全身から溶岩を噴出し、進化と成長を続けながら進路を焦土と化す正体不明の怪獣「ボルカルス」が、ついに首都東京に達しようとしている。

対する日本政府は「怪獣災害緊急対策本部」を設置した。

市民の避難、火災の消火、自衛隊の配備、そして調査によって怪獣の撃退方法を突き止め、起死回生の攻撃作戦を決行せよ!

滅びるのは怪獣か、東京か。

キリン
「日本から世界へ発信する知的財産の大作ボードゲームシリーズを成立させる」という壮大なプロジェクト「Kaiju on the Earth」から第一弾が出たよ!
ウシ
おぉ~!カッコいい!!
キリン
今後小説、漫画、アニメ、映画などの展開も視野に入れてるみたい。
ウシ
ものすごい規模の話でワクワクするね!
キリン
そして今回遊ぶ『ボルカルス』のゲームデザインは、なんと『ダンジョンオブマンダムエイト』や『ペーパーテイルズ』を作った上杉真人さん!
ウシ
え!!どっちも大好きなゲームだから楽しみ!!

ゲーム詳細

ボルカルス箱

商品名 ボルカルス
デザイナー 上杉 真人
発売年 2019年
プレイ人数 2人~4人
プレイ時間 60分以上
対象年齢 10歳以上
メーカー アークライト
発祥国 日本
箱サイズ 31cmx22cmx6.5cm
カードサイズ 63mmx88mm
定価 ¥4,980(税抜)

あけてみよう!

セット内容

ボルカルス コンポーネント

ゲームボード 4枚 / イベントカード 14枚 / アクションカード 48枚 / サマリーシート 4枚 / タイル・チップ・マーカー 65個 / コマ 110個 / 砂時計 / ルールブック

ルール説明

概要

  • プレイヤーは怪獣側と人間側に分かれる。
  • 怪獣は本能のままに暴れ、多くの犠牲者を出し、日本を破滅させることを目指す。
  • 人間側は協力し、消防隊と自衛隊に指示を出し、怪獣の討伐及び日本を守ることを目指す。

ゲームの準備

ボードの準備

  1. マップボードをテーブルの中央にセットする。
  2. 計画ボードを、プレイ人数に対応する面を表向きにしてマップボードの隣に置く。
  3. ボードの準備

  4. 6枚の通常イベントカードをマップボードのイベント置き場に裏向きで並べ、「3」とのみ描かれた調査タイルを乗せる。上級イベントカードは箱にしまっておく。
  5. イベントカード

  6. 調査タイル・予兆タイルを裏向きにし「甲」「乙」「丙」の種類ごとに分けよく混ぜたら、マップボードの対応する記号の箇所へ置いて公開する。その後、タイルに記載通りの市民コマ・溶岩を配置する。
  7. 調査・予兆タイル

  8. 8枚の攻撃タイルを重ね、マップボードの攻撃エリアへ配置する。
  9. 攻撃タイル

  10. 砂時計を計画ボードの側に置いておく。
  11. 砂時計

怪獣の準備

怪獣を担当するプレイヤーを1人決め、そのプレイヤーは下記準備を行う。

  1. 怪獣ボードの角溶岩プールに、溶岩を6個ずつ配置する。残りは「∞」と描かれている箇所に置く。
  2. 溶岩プールの右側に進化タイルを1つずつ置く。
  3. 怪獣ボード

  4. よく混ぜた8枚の破壊ボーナスタイルのうち4枚の内容を確認し、3枚選んで裏向きのまま手元に置く。残ったタイルは全て箱へ戻す。
  5. 破壊ボーナスタイル

  6. 怪獣ボードを手元へ配置し、シャッフルした怪獣カードを裏向きのまま山札置き場へ置く。
  7. 怪獣ボード

  8. マップボードのうち「原宿」「新宿」「恵比寿」のいずれかに怪獣コマを配置する。
  9. 初回プレイ時
    「渋谷」へ置く。
    怪獣コマ

人間側の準備

人間側を担当するプレイヤーは、下記準備を行う。

  1. 各プレイヤーは役職を1つ選び、その役職のアクションカードサマリーシートを受け取る。残りの役職のサマリータイルは裏向き(怪獣側のカード一覧)にして見やすいところへ置いておく。
  2. 2人プレイ時
    役職を2つ選び、それぞれのアクションカードとサマリーシートを使用する。
  3. 各プレイヤーは自分のアクションカードをシャッフルし、裏向きのままサマリーシートの山札置き場へ置く。
  4. ボードの準備

  5. 人間ボードを全人間側のプレイヤーの手の届くところに配置し、消防隊3個・自衛隊3個・拠点2個を対応する箇所へ置く。
  6. 人間ボードの予算申請トラックの「0」の位置に要人コマを1つ、調査トラックの「0」の位置に調査状況マーカーをそれぞれ配置する。
  7. 人間ボードの資金プールに資金チップを10枚置く。残りの4枚は重ねて資金ストックへ置いておく。
  8. 資金チップ

  9. いずれかのマップのマスに消防隊・拠点を1つずつ配置し、別のマスへ自衛隊・拠点を1つずつ配置する。
  10. 初回プレイ時
    消防隊・拠点を「霞ヶ関」へ。自衛隊・拠点を「早稲田」へと置く。この時「霞ヶ関」に予兆タイル「壱」または「弐」が置かれている場合、「六」と入れ替える。
    消防隊・拠点
役職について

各役職には、それぞれ専用のアクションカードがある。

役職について

ゲームの流れ

  1. イベントフェイズ(※怪獣の行動)
  2. 計画フェイズ
  3. 実行フェイズ
  4. 溶岩フェイズ(※怪獣の行動)
  5. 拠点フェイズ(※人間の行動)

怪獣がマップボードの被害トラックを全て埋めるか、人間が防衛トラックを全て埋めた時点でゲーム終了。

どちらも埋まらなかった場合は6ラウンドにてゲーム終了!
その時点でより多くのトラックを埋めていた方の勝利!

被害トラックの埋め方(怪獣)
  1. 市民を死亡させ、その市民をマップから移動させる。
  2. 地域を炎上させ、溶岩プールにある溶岩コマを移動させる。
  3. 破壊ボーナスを達成し、手元の破壊ボーナスタイルを移動させる。

被害トラック

防衛トラックの埋め方(人間)
  1. 市民を避難させ、その市民をマップから移動させる。
  2. 溶岩を消化して、その溶岩をマップから移動させる。
  3. 怪獣に攻撃して、攻撃タイルをストックから移動させる。

防衛トラック

イベントフェイズ(※怪獣の行動)

  1. 現在のイベントカードの上にある調査タイルを、現在のラウンドと同じ数字のタイルと入れ替える(=予兆マス)。取ったタイルは箱にしまう。
  2. 予兆タイル

  3. イベントカードを公開する。
  4. 予兆タイル

  5. カードの効果を発動させ、使用後のカードを箱に戻す。
  6. 補足
    イベントカード(通常)の効果は全て「予兆マスに溶岩を2つ置く」になっている。
    予兆タイル
重要

  • 溶岩は溶岩プールの1番左から取っていく。
  • 溶岩プール

  • 「∞」にある溶岩は無限として扱うため、コマが不足したら別のもので代用する。

計画フェイズ

このフェイズでは怪獣と人間がそれぞれ次のフェイズで実行するアクションカードを選択する。

  1. 全てのプレイヤーは「計画ボード」とサマリーボードの「捨て札」に残っているカードをまとめ、シャッフルしたら山札の下に重ねる。
  2. 1ラウンド目
    1ラウンド目はこのアクションを実行する必要がない。
    山札の準備

  3. 人間から順番に2分間の制限時間内に山札からカードを引き、手札からカードを選択し、計画ボードに裏向きで配置していく。
  4. 計画ボードに裏向きで配置

人間側のプレイヤーが1人の時

  • それぞれの役職合わせて2分以内に計画フェイズを終わらせなくてはならない。
  • 2つ目の役職の計画フェイズ中に、1つ目の役職で配置したアクションカードの変更はできない。
重要

  • 時間制限内であれば、自分のアクションカードの交換や確認をしても良い。
  • 制限時間は、手番を行っていない側のプレイヤーが砂時計を2度ひっくり返して測定する(砂時計=1分)。
  • 砂時計

  • 砂時計の砂が1度落ち切ったとき(1分経過)、手番行っていないプレイヤーは「残り1分」と指摘しなければならない。
  • 手番を行なっていないプレイヤーが砂時計をひっくり返し忘れている場合、指摘せずに計画を続けても良い。
  • 制限時間内にカードが配置できなかった場合、残った手札を裏向きにシャッフルし、ランダムに配置しなくてはいけない。

人間の計画フェイズ

手札からカードを選ぶ
  • 手札や選択するアクションカードの枚数は、プレイ人数に応じた枚数を選ぶ。
人間側のプレイヤー数 手札の数 選択するアクションカード
1人 6枚(×2役職) 3枚(×2役職)
2人 6枚 4枚
3人 3枚 2枚
計画ボードへ配置する
  • 手札や選択するアクションカードの枚数は、プレイ人数に応じた枚数を選ぶ。
計画ボードにカードを置く位置 人間側のプレイヤー数
1人 縦2列
2人 縦2列
3人 横3列
重要

  • カードを配置するときはプレイヤー同士で相談しても良いが、怪獣にも聞こえるように話さなくてはならない。
  • 他プレイヤーにアクションカードを直接見せてはいけない。
手札の引き直し
  • アクション中、何度でも1資金を支払うことで、手札から任意の枚数のアクションカードを捨て札にし、その枚数分新たに山札からカードを引くことができる。
  • 引き直しによって山札からカードがなくなった場合は実行できない。

怪獣の計画フェイズ

手札からカードを選ぶ
  • 自分の山札から6枚のアクションカードを引いて、手札とする。
手札の引き直し
  • アクション中、1度のみ手札から任意の枚数のアクションカードを捨て札にし、その枚数分新たに山札からカードを引くことができる。

実行フェイズ

  1. 計画ボードに置かれたカードを「実行順」の矢印に沿って1枚ずつ公開し、効果を実行する。
重要
効果の実行で発生する選択は、カードを置いたプレイヤーが行う。

フェイズ

怪獣の進化
  • 1つの溶岩プールから全ての溶岩がなくなった時、その右側に置かれている進化タイルを獲得する。
  • 獲得した進化タイルは即座に怪獣ボードの進化ツリーのいずれかのマスに置き、アクション時に追加の効果を発揮することができる。

説明

重要
進化タイルは、ツリーの線の示す順に置かなくてはならない。
怪獣が完全体になってた場合

残っている溶岩が「完全体」の箇所にのみある場合(=完全体)、怪獣はアクションの実行後に今いるマスへ溶岩を1つ置く。

破壊ボーナスタイル

怪獣が破壊ボーナスを達成した場合

怪獣はアクション実行後に、破壊ボーナスを達成していたらそのタイルを被害トラックの一番右の空きマスへ配置することができる。

破壊ボーナスタイルの達成条件
  1. 怪獣が破壊ボーナスに記されたマスにいる。
  2. 破壊ボーナスに記された数以上の溶岩がある。

破壊ボーナスタイル

溶岩フェイズ(※怪獣の行動)

このフェイズでは溶岩によって市民が犠牲になり、炎上している地域から怪獣が力を得る。

  1. マップの各マスにある溶岩1つにつき1人の市民(=犠牲者)をマップから取り、被害トラックに配置する。
  2. 犠牲者

  3. 溶岩が3つ以上置かれているマス(=炎上地域)1つにつき1つの溶岩を溶岩プールから取り、被害トラックに配置する。
  4. 炎上地域

拠点フェイズ(※人間の行動)

このフェイズでは人間が拠点にいる市民を救助し、怪獣への調査を進める。

  1. マップの各マスにある拠点1つにつき1人の市民をマップから取り(=避難)、防衛トラックに配置する。
  2. 避難

    重要
    避難させた市民が黄色のコマ(=要人)だった場合、即座に人間ボードの資金トラックにある資金チップを1枚資金プールへと移動させる。(使用できる予算が増える。)

    要人

  3. 拠点と同じマス、もしくは隣接しているマスにある調査タイルを1枚取り、その数字の数だけ調査トラックを進める(=調査)。使用後のタイルは箱に戻す。
  4. 調査

調査トラック
  • 調査トラックの鍵アイコンマス(5・15・25)にタイルが到達したら、アクション時に追加の効果を発揮することができる。
  • 調査トラックの作戦認証マス(10・20)にタイルが到達したら、「自衛隊への指令」アクション時に新たな効果を発動させることができる。
  • 調査トラックの最後のマスにタイルが到達したら、即座に防衛トラックに攻撃タイルを1枚は配置。それ以降、調査トラックは進めることはできない。

選択ルール

怪獣を強化するルール

災害レベルを選び、下記の表で指定されたラウンドに上級イベントカードをシャッフルし、裏向きで配置する。

災害レベル
+1 通常 通常 上級 通常 通常 上級
+2 通常 上級 上級 通常 上級 上級
+3 上級 上級 上級 上級 上級 上級

怪獣を弱体化するルール

ゲームの準備段階で、マップに置く溶岩の数を減らす。
 

災害レベル 該当する調査タイル
-1 「市民1+溶岩」の溶岩タイルを置かない
-2 「市民3+溶岩」の溶岩タイルを置かない
-3 「市民1+溶岩」と「市民3+溶岩」の溶岩タイルを置かない

感想まとめ

6つの要素で分析!

遊んでみて

キリンの感想

キリン
かなりシンプルで遊びやすく、ゲームとしても面白い!

アートワークや設定、コンポーネントのクオリティに全く引け劣らない面白さで感動した!

協力して怪獣を倒すだけでなく、怪獣になって暴れまわることもできるのが最高!

一度プレイすれば覚えられるシンプルなルールと、意外とサクサク進むテンポの良さで、気軽に遊べるっていうのも素晴らしい。

重そうに見えるけど実はそうでもなく、絶妙にちょうどいいボリュームになっているよ。

2人プレイでも十分すぎるほど楽しめたけれど、4人で遊ぶとかなり盛り上がると思う。

ボードゲーム初心者の人も楽しめるはずだから、遊ぶ機会の多いゲームになりそう!

ウシの感想

ウシ
多くの人から愛されるであろう、優秀なボードゲーム!

日本から世界へ勝負をかける、大作ボードゲームプロジェクト第1弾!」とのことで、かなり期待値が上がっていたんだけど・・・これはお見事~!!

物理的重さ・説明書の厚みから、初心者の人は「ウッ」ってなっちゃうかもしれないけど
キリンも言っている通り1度遊んでしまえば、次回からは説明書を見ずにできるくらいの難易度。

ボードのあらゆる箇所に「アクション」や「フェイズの流れ」がしっかり記されているのも嬉しいポイント。

第2弾も楽しみだーーっ!!


戦いの記録

実際に遊んでみた様子はこちらの記事を見てね!

滅びるのは東京か、怪獣か。巨大怪獣ボルカルスと日本政府の熱き戦い!


お買い求めはこちら!

ボルカルス

ボルカルス

FUTARIASOBI
定価 ¥4,980(税別)


あるといいね!

キリン
カードやレファレンスなど大きいサイズのカードに合うスリーブはこちら。
ウシ
全部で52枚あるから、1つあれば足りるね!

カードスリーブ 100枚入り

カードスリーブ 100枚入り

FUTARIASOBI
定価 ¥257(税別)