ウォーハンマーの魅力を伝えたい!世界最高峰のミニチュアゲームは規格外の面白さ!

ウォーハンマー

趣味人の間でよく使われる ‘沼’という表現。

あるモノにハマり、金銭や時間が底なしの沼に飲み込まれていく状態を表している。

ウシとキリンはすでにボードゲーム沼に肩までしっかり浸かり「それもまたいとをかし」と楽しく過ごしていた。

ところがだ。

とある日、インターネットを徘徊しているとこんな画像が目に飛び込んできた。

衝撃の画像
WARHAMMER COMMUNITY https://www.warhammer-community.com/2019/03/15/sam-wrathmonger-pearsons-blades-of-khorne-tacticsgw-homepage-post-4/

このときウシとキリンは直感的に理解し、戦慄した。

これは(ハマったら)本当にヤバイ

そしてそっとブラウザを閉じ、苦めのコーヒー淹れたのだった。

お金や時間を湯水のように使ってしまうこと自体は沼の本質ではない。沼の本質とは、自分が沼に沈んでいくことに快楽を覚えてしまうことだ。それこそが沼が沼である故であり、恐ろしさなのである。

ということを自覚しているから、もう一度見るくらい問題はない。そう踏んでブラウザを立ち上げた。検索窓に「ウォーハンマー」と入力し、知識だけでもつけておくかと眺めてみる。

しかし、たいへん不思議なことにそこからの記憶がないのだ

読者の皆様には到底信じていただけない、ということは重々承知している。

自分たちですら信じられないのだから。

そしてさらに不思議なことに(もはや恐怖であるが)、それから数日後・・・



私たちの眼前にはこの箱があった。

欲しかったやつ

な、なぜこれが・・・

ウォーハンマーとは?

ストキャスとナイトホーント

1983年、イギリスのゲーム制作会社「GAMES WORK SHOP」から発売されたミニチュアゲームシリーズ。
キリン
欧米を中心に人気が非常に高く、近年日本でも盛り上がりを見せているミニチュアゲームだ!
ウシ
メディアで紹介されることも多くなってきたよ!
そもそもミニチュアゲームってなに?ってとこだけど、ものすごく簡単に説明すると
ミニチュア(駒)をズラーッと並べて戦うテーブルゲーム

日本ではあまり馴染みがないけれど、欧米ではかなりポピュラーな遊びなんだ。

そんなミニチュアゲームの中でもウォーハンマーは世界でトップクラスのシェアを誇る大人気シリーズ!

ウシとキリンもその面白さ、奥深さに魅了されて見事にハマってしまったってわけだ。

そして、いまこの記事を読んでいる’あなた’を道連れにするべく、ウォーハンマーの魅力を語っていきたいと思う。


4つの楽しさ

まずはじめに、ウォーハンマーの大きな特徴として

ミニチュアはプラモデルのように、バラバラのパーツを組み立て、自分で色を塗る必要がある

ということが挙げられる。

開けてみた

箱を開けるとこんな感じ

つまり、

ウォーハンマーはテーブル’ゲーム‘だけど、ゲームだけがその全てではないということ!

キリン
‘作る楽しみ’もある!!
ウシ
ファンの中には、ゲームをまったくしないという人も大勢いるよ!
一般的なボードゲームのように’ゲームだけ‘ではなく、プラモデルのように’作るだけ‘でもない。

その2つの要素を組み合わせた’新しい遊び‘がウォーハンマーというホビーなのだ。

以上を踏まえて、ここからはウォーハンマーの4つの楽しさ

  1. 組み立て
  2. ペイント
  3. ゲーム
  4. コレクション

について、それぞれ詳しく見ていこう!

組み立てて楽しい

ウシ
ウォーハンマーの楽しみは組み立てから!
キリン
それぞれのパーツのクオリティが尋常じゃない!

まずはパーツを’ランナー’と呼ばれる枠から切り離し、接着剤を使って組み立てていく。

ランナー

衝撃的なディテール!!!

一般的なプラモデルのように、パーツごとに付いている凹凸をはめ込むタイプではないところがポイントだ。(一部はめ込み式のモデルもある)

凹凸がないということはつまり、ポージングの自由度がめちゃくちゃ高いということ!

同じミニチュアでもポージングが異なるだけで印象はまっっったく変わる。

斧を振り上げているのか、銃で敵兵を撃っているのか、戦場や物語をイメージしながらの組み立てはワクワクが止まらないのだ!

オルクのビルド

左は乱射中。右は雄叫び中。

さらに!

ほとんどのボックスにはオプションパーツが入っていてこれがまた最高!

デコレーションとして使えるものや、表情の異なる顔パーツ等が選択の幅を広げてくれるんだ。

見本通りに作る必要はない!自分好みのミニチュアを組み立てよう!

スポンサーリンク

塗って楽しい

キリン
ミニチュアに命を吹き込もう!
ウシ
私はペイントが一番好き!

ウォーハンマーを始めたい人にとって大きなハードルになりがちな、ミニチュアに色を塗る工程。

ペイント

筆でちょこちょこ塗っていく。

プラモデル経験のない方だと「自分にこんな細かいペイントができるわけない!」って思うのも当然だ。

だけど安心してほしい!

一度塗ってみるとその衝撃的な楽しさに一瞬で心をわしづかみにされ、「30分くらい塗ってたかなと思ったら2時間経っていた」という摩訶不思議な体験をすることになるから。

その大きな理由はウォーハンマーのペイントに使う「シタデルカラー」という塗料にある。
シタデルカラー

ペイント初心者から上級者まで虜にするシタデルカラー

シタデルカラーは、プラモデルやペイントの経験が全くない人が初めて塗っても’かなりイイカンジ’に仕上がる、革命的な塗料なのだ!

ウシ
水性だからニオイもなくて、とにかく扱いやすい!
キリン
初めてペイント体験をしたとき、想像を遥かに上回る仕上がりに「おれは天才なんじゃないか?」と錯覚したのはナイショ。
全国のウォーハンマーストアにてペイントの無料体験ができるよ!

ペイントを施すことでミニチュアのカッコよさが何億倍にも跳ね上がることは間違いない!

そして、ペイントのテクニックは塗れば塗るほどメキメキと上達していくよ!

それと同時にペイントの奥深さを知り、終わりなき技術の探求が始まるのだ!

遊んで楽しい

キリン
ペイントが終わったらゲーム!ゲーム!ゲーム!
ウシ
自分のミニチュアを戦場に送り込もう!

プラモデルと違って作って終わりじゃないのがウォーハンマー。

何度もアップデートされてきたルールをもとに、戦略的なウォーゲームが楽しめるんだ!

ミニチュアにはそれぞれ固有の能力値・スキル・コストがあって、それらのバランスを考えながら軍隊を編成して戦い合う。

将棋やチェスのように「マス」という概念がなく、専用のメジャーを使って実際に距離を測りながらミニチュアを動かすっていうのも大きな特徴だ。

ゲームの様子

ウォーハンマーのゲーム風景!

ゲームについての詳細はまた別の記事で紹介するとして、いまここで一番伝えたいのは

手間と時間をかけて作り上げた自分のミニチュアが戦場に立ったとき、他のゲームでは絶対に味わえない感動と喜びがある!

ってこと!!!

自分が一生懸命組み立ててペイントした戦士たちが、ズラーッと並んだときの光景は圧巻の一言!!

ひとつひとつ思い入れのあるミニチュアで遊べるということが、ウォーハンマーの最大の魅力と言っても過言じゃない!!!

ウシ
でも、「ペイントに時間をかけずに即ゲームで遊びたい!」という方もいらっしゃるよね。
キリン
そんな方もご安心を!ゲームだけ楽しむのもOKだよ!
ペイントは1色でベタ塗りするだけでも全く問題なし!

もちろん、ペイントしていなくたってゲームはできる!

ペイントだけ楽しむのもいいし、ゲームだけ楽しむのもいいし、もちろん両方楽しむのもいい。

ウォーハンマーの楽しみ方にルールなんてないのだ!

スポンサーリンク

集めて楽しい

キリン
自分の軍隊を拡大していく楽しさ!
ウシ
レジに持ってくあの瞬間、ネットでポチるあの瞬間はやっぱり最高!

最初は気に入ったミニチュア1体からスタートしても、そのミニチュアが属している陣営の他のモデルも自分好みっていう場合がほとんど。

そうしたらまぁ、集めちゃうよね。

特にゲームをやっていくと、「射撃部隊が足りないな」とか「部隊を運ぶ乗り物がほしいな」とかいろいろ出てくる出てくる。

1つの陣営で遊んでいるうちに「別の陣営でも遊んでみたいなぁ」なんて禁断の欲望を抱いてしまったら最後、ウォーハンマー漬け生活の始まりだ。

このように、組み立て→ペイント→ゲーム→コレクション→組み立て・・・と楽しさがループする仕組みは本当に素晴らしい。

お財布と相談しながら、何を買おうか悩むのも楽しい時間!

まだ組み立ててすらいないミニチュアがあるのに、新しいものを買ってしまうなんてこともザラにあるから困っちゃうんだよねぇ。


どっちの世界観が好み?

次にウォーハンマーの世界観について見ていこう。

実はウォーハンマーというゲームは、2つのシリーズで展開されている。

  1. WARHAMMER AGE OF SIGMAR
    通称:AoS (エーオーエス)
  2. WARHAMMER 40,000
    通称:40K (フォーティーケー)
ロゴ

ロゴもかっこいい・・・

この2つはそれぞれ完全に独立したゲームルールになっていて、片方のシリーズのミニチュアをもう片方のシリーズで使用することはできない。(一部を除く)

つまり、これからウォーハンマーを始めたい人は最初にどっちのシリーズで始めるかを選ぶ必要があるってこと!

といっても、これだ!と思うミニチュアがあるシリーズを選べばOK!

どちらのシリーズにもファンは多い・・・というか、ウォーハンマーファンはだいたいどっちのシリーズも遊んでいるからご安心を!

難しいことは考えず、まずはお気に入りのミニチュアを探すところから始めてみよう。

ちなみに両シリーズの特徴と世界観はざっくりとこんな感じ!

WARHAMMER AGE OF SIGMAR

エイジオブシグマー

戦争、死、暴力、高潔さ、そして狂気に満ちた世界へ突入する準備は出来ているか?
勇猛な兵士、怪物、そして戦争機械を駆り、神秘的で魔の力に満ちた領域で、矢の雨で曇る空の下敵を薙ぎ払う準備が。

WARHAMMER AGE OF SIGMAR https://ageofsigmar.com/ja/

世界観 神話 + ダークファンタジー
特徴 ドワーフや骸骨の騎士、悪魔やオークなど、いわゆるファンタジー系の世界観が好きな人におすすめのシリーズ。
公式サイト https://ageofsigmar.com/ja/

WARHAMMER 40,000

40K

帝国内には異端が蔓延っている。 そして法則そのものを歪める『渾沌』の侵攻はかつてないほどに増加している。
ただの生存でさえ勝利となる世界で、今日もまた何処かで戦争が起こっているのだ。

WARHAMMER 40,000 https://warhammer40000.com/ja/

世界観 SF + ダークファンタジー
特徴 銃や戦車、戦闘機やバトルスーツなどの未来的な兵器を使った戦いが繰り広げられる。メカ好き、SF好きの人にはたまらないシリーズ。
公式サイト https://warhammer40000.com/ja/

ウォーハンマーストアに行こう!

少しでもウォーハンマーの世界に興味をもった方はぜひとも「ウォーハンマーストア」に行ってみてほしい。

ウォーハンマーストアとは
日本全国に9店舗存在するウォーハンマーの専門店。
店内にはペイントができるスペースやゲームスペースもあり、その場で買ってその場で楽しめる夢のような空間が広がっている。

そこには、子供の頃、おもちゃ屋さんに行ったときの‘あのワクワク’があるんだ!

ウォーハンマーだらけ

‘あのワクワク’がよみがえるっ!!!

ウシ
壁一面にウォーハンマー!見渡す限りウォーハンマー!
キリン
無料でペイント体験もできるよ!

ストアのスタッフさんはとにかく親切で、みんなウォーハンマーが大好きすぎる人たち!

これから始めてみたいと伝えれば、ものすごく丁寧に教えてもらえるよ。

ウォーハンマーストア 一覧

  • 神保町店(@Warhammerjim)
    所在地:〒169-0075 東京都千代田区神田神保町1丁目1
  • 高田馬場店(@WarhammerTakada)
    所在地:〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1丁目29−6
  • 原宿店(@WarhammerHara)
    所在地:〒150-0001 東京都 渋谷区神宮前3-20-21 ベルウッド原宿1F-B
  • 池袋店(@warhammerIKE)
    所在地:〒171-0021 東京都豊島区西池袋1丁目19-6
  • 立川店(@warhammerTCKW)
    所在地:〒190-0012 東京都立川市曙町2-18-18 MEGAドンキ・ホーテ立川店内 5F
  • 横浜店(@WarhammerYoko)
    所在地:〒231-0023 神奈川県中区山下町103−16
  • 千葉店(@WarhammerChiba)
    所在地:〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見2-3-1
  • なんば店(@warhammerNMB)
    所在地:〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中2丁目1−5
  • 神戸三宮店(@warhammerSNM)
    所在地:〒650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町3丁目7−10
ウシ
私たちがよく行くのは高田馬場店
キリン
ウォーハンマー愛に溢れる店長さんが、やさーしくやさーしく’‘へといざなってくれるだろう・・・。

おわりに

いやー、熱く語っていたらずいぶん長くなっちゃった。

まだまだ伝えきれていないことはたくさんあるけど、この記事をきっかけにウォーハンマーに興味をもつ人が1人でも増えてくれたら嬉しいです。

FUTARIASOBIでは今後、ウォーハンマーに関する情報は‘The Miniature Times (ミニチュアタイムズ)’というシリーズとして更新していく予定!

ミニチュアタイムズイメージ

FUTARIASOBIの番外編!

キリン
気合い、入ってます!!!
ウシ
入りすぎてロゴまで作ってしまった・・・

基本的にはウォーハンマーを始めてみたい人や、初心者さんをサポートする記事をアップしていくので、応援のほどよろしくお願いします!

それでは今回はこのあたりで。
最後まで読んでくれてありがとう!